なごやかな雰囲気を心がけたい披露宴のマナー

  • 披露宴の謝礼の目安と心遣い

    • 披露宴の責任者には3000円から1万円、スタッフにはまとめて1万円前後を、記念写真終了後に責任者に渡しますが、祝儀袋は両家連名にします。



      プロの司会者にはギャラ以外に3000円から1万円程度を用意して、友人の場合は食事相当額の1万円から3万円程度を両家連名の祝儀袋で、披露宴開始前か終了後に渡します。


      美容師・着付け係が複数の場合、まとめて3000円から1万円を美容室に入ったときに新婦か母親が手渡しますが、新婦側が用意します。



      披露宴の音楽奏者には、友人なら3000円から5000円、プロは3000円から1万円程度を、披露宴開始前か終了後に両家連名で渡します。



      受付係には、1人3000円から5000円を披露宴開始前か終了後に両家の連名で渡すようにします。



      家から式場までの運転手には、2000円から3000円を乗車前、または下車時に手渡しますが、利用する側がそれぞれ用意します。



      友人のカメラマンには食事相当額を両家連名で挙式前か終了後に渡して、経費は後日精算します。
      式場のスタッフや介添え役、美容師などは心付けが慣例になっているので、ほとんどの場合は受け取ってもらえます。
      しかし、司会や受付など世話役を頼んだ友人たちに心付けを渡す場合は、祝ってくれる気持ちや遠慮もあってか、なかなか受け取ってもらえない場合があります。



      その場合は、当日に無理強いするよりも、後日お食事に誘ったり、御礼の品を送るなどして心付けの代わりとします。また、当日心付けを用意していたのに、忙しさの中、渡し忘れてしまったなどということもあります。

      そのようなときにも、同様の配慮をしておけば大丈夫です。

  • 関連リンク

    • 新郎新婦から両親への感謝の手紙、花束贈呈とともに披露宴のラストを飾るのが謝辞です。新郎の父親か両家を代表して謝辞を述べるのが一般的ですが、最近は新郎もしくは新郎新婦の2人であいさつするのがポピュラーになりつつあります。...

    • 披露宴会場のムードを左右するといっても過言ではないBGMは自分たちで選曲や編集した音源を持ち込む方法と、披露宴会場側に任せる方法があります。注意しなければ内らないのが選曲ですが、失恋や別れというテーマにした曲は当然NGですし、洋楽は曲の雰囲気で選ぶのは危険です。...