なごやかな雰囲気を心がけたい披露宴のマナー

  • 披露宴で述べる謝辞は新郎が述べるのが主流

    • 新郎新婦から両親への感謝の手紙、花束贈呈とともに披露宴のラストを飾るのが謝辞です。



      新郎の父親か両家を代表して謝辞を述べるのが一般的ですが、最近は新郎もしくは新郎新婦の2人であいさつするのがポピュラーになりつつあります。



      披露宴のコンセプトによっては、新郎新婦と両家の両親があいさつするケースも見られますが、謝辞はだれが述べるにしても感謝の気持ちを正直に表現することが大切です。



      飾られた言葉よりも月並みでも自分の言葉で語ったほうが誠意が伝わります。



      謝辞に正解はありませんが、盛り込むべき内容はあり、話す順番や文の流れを意識しながら原稿をつくるこことが大切です。



      スピーチ全般に言えることですが、忌み言葉に気を付けなければいけませんし、ふさわしい言葉、フレーズというものがあるので、ある程度言葉を選びながら練っていきます。



      謝辞は招待客への感謝の気持ちも述べるものですので、丸暗記したものを棒読みするのではなく、大体の内容を覚えて当日を迎えた喜びや感動の気持ちを付け足しながら話すようにし、たとえ、言葉を詰まらせたとしても一生懸命に感謝の言葉を述べようとする、その姿はだれの目から見ても輝いて見えるものです。

      また、披露宴に新郎の父親がいないときの謝辞は、新婦の父から新郎本人の順で述べたり、義母がおこなう場合もありますが、やむを得ない事情があるときには新郎のあいさつで問題はなく、招待客への感謝の気持ちが伝わることが大事になります。

  • 関連リンク

    • 披露宴会場のムードを左右するといっても過言ではないBGMは自分たちで選曲や編集した音源を持ち込む方法と、披露宴会場側に任せる方法があります。注意しなければ内らないのが選曲ですが、失恋や別れというテーマにした曲は当然NGですし、洋楽は曲の雰囲気で選ぶのは危険です。...

    • 新郎新婦から両親への感謝の手紙、花束贈呈とともに披露宴のラストを飾るのが謝辞です。新郎の父親か両家を代表して謝辞を述べるのが一般的ですが、最近は新郎もしくは新郎新婦の2人であいさつするのがポピュラーになりつつあります。...