なごやかな雰囲気を心がけたい披露宴のマナー

  • 印象的で感動をよぶ披露宴演出を考える

    • 披露宴での演出のキーワードは感動とサプライズ、アットホームと楽しいという4つが挙げられます。


      会場の涙を誘う感動演出は必須項目です。



      新郎新婦、招待客にとっても一生忘れられない印象的なひとときになります。
      また、盛り上がること間違いなしなのがサプライズ演出です。
      両親や友人などサプライズの相手も様々になります。



      そして、アットホームな演出は新郎新婦と招待客との触れ合いを重視していて、温かい雰囲気は万人に受け入れられやすいものです。



      さらに、招待客が参加でき、会場に一体感が生まれるような楽しい演出は招待客を飽きさせないものが求められます。このような披露宴演出には様々なものが考えられますが、たとえば、ブーケトスでは見た目は1つの花束でもいざブーケトスすると1つの花束が5つの小さな花束になったり、映像演出では、VTRの最後を新郎新婦の両親の結婚式の写真で終わらせ、ライトアップされた時には、母親の着物をきた新婦が登場するというリアルとVTRをリンクさせるようなサプライズ演出なども可能です。



      ほかにも、娘をほしがっていた義理の父親のために、お色直しの退場のサポート役に指名したり、料理を盛り付けたクローバーのお皿の中に隠された四葉のクローバーを探すなど、ちょっとしたゲーム性のある演出を行うこともできます。
      招待客に独身の男性が多い場合は、ブートニアトスをおこない、キャッチした人への賞品は、女性をデートに誘うきっかけになるように、お食事券にするなども効果的です。



      また、子供は披露宴が進むほど、飽きてくるので、季節にもよりますが、サンタやハロウィンコスチュームなどで新郎がプレゼントを配って回るという演出も喜ばれます。



  • 関連リンク

    • 披露宴の責任者には3000円から1万円、スタッフにはまとめて1万円前後を、記念写真終了後に責任者に渡しますが、祝儀袋は両家連名にします。プロの司会者にはギャラ以外に3000円から1万円程度を用意して、友人の場合は食事相当額の1万円から3万円程度を両家連名の祝儀袋で、披露宴開始前か終了後に渡します。...

    • 披露宴会場のムードを左右するといっても過言ではないBGMは自分たちで選曲や編集した音源を持ち込む方法と、披露宴会場側に任せる方法があります。注意しなければ内らないのが選曲ですが、失恋や別れというテーマにした曲は当然NGですし、洋楽は曲の雰囲気で選ぶのは危険です。...